【発見】まことちゃんが商店街をジャック!吉祥寺サンロードで繰り広げられる楳図かずおワールド!



おはようございます!

山中翔です。

吉祥寺サンロード商店街が再び楳図かずおワールドに包まれています!

商店街の入り口には「まことちゃん」の看板が登場しました。

アーケード内では、赤と白のストライプのフラッグが掲げられ、まことちゃんの世界が広がっています!

かつては、サンロード商店街を歩いていると楳図かずお先生をお見かけすることがよくありました。

まことちゃんが商店街をジャック!

皆さんのお楽しみのメインビジュアルは、
楳図かずお先生によって描かれ、沢田まこと、
『まことちゃん』が登場しています!

『まことちゃん』は、日本のギャグ漫画の代表作であり、まことの祖父である沢田元太郎が主人公の『アゲイン』(『週刊少年サンデー』1971年38号から1972年5号まで連載)のスピンオフ読み切り作品が原型です。

まことちゃんとは、どんなキャラクターかというと、まず、今でも人気のある愛称「まことちゃん」または「マコリン」。

一人称は「ぼくちゃん」「ぼくしゃん」「わし」「マコリン」などで一貫していません。

彼は聖秀幼稚園うめ組の幼稚園児で、いたずら好きで下ネタを言ったり、落書きや替え歌、踊りが得意です。

彼は常に鼻水を垂らしており、虫を捕まえることができます。

過去にはデバガメとして捕まったこともありますが、人命救助をしたことで新聞に載ったこともあります。

彼は解体現場の鳥の巣にあったスズメの卵を保護したり、親を亡くした子猫を助けようとしたりするなど、優しい一面も持っています。

彼は舌足らずですが、鋭い人間観察眼を持っています。彼の口癖や手癖には「グワシ」「サバラ」「とぐろ虫」といったものがあり、話すときには「なのら」という言葉を使います。

彼は本当にハチャメチャな幼稚園児です。

サンロード商店街のアーケードは、赤と白のストライプと「まことちゃん」でいっぱいです。

吉祥寺サンロードでお買い物をしながら、まことちゃんの笑いを楽しむことができます♪

この記事へのコメント